おうちを創る

2年8ヶ月くらい費やした建築家との家づくりについて、費用や仕様など(適当に)詳しく記載

以前太陽光パネルを設置した記事を書きました。5ヶ月間で概ね傾向が見れたので、今回はその結果を報告します。

シュミュレーションでは、
6月466kw、7月508kw、8月566kw、9月440kw、10月465kw
実測値は、
6月544kw、7月656kw、8月638kw、9月408kw、10月482kw
対シュミュレーション値で
6月117%、7月129%、8月113%、9月93%、10月104%

これだけ見るとすごい良いみたいですが、日照時間を見て検討しなければなりません。シュミュレーションではMONSOLA-11というデータベースを使用しているようですが、ipadで見られなかったのでアメダスの日照時間を使います。

日照時間は、
平年値(1987〜2010)
6月120時間、7月149時間、8月179時間、9月129時間、10月131時間
今年(2018年)
6月161時間、7月225時間、8月218時間、9月94時間、10月137時間
対平年値で
6月134%、7月151%、8月122%、9月73%、10月105%

概ね天気が良かったので、シュミュレーション よりもたくさん発電しました。7月のように日照時間が151%になっても発電量は129%とそのまま増えるわけではないみたい。逆に9月のように日照時間が73%しか無くても発電量は93%ありました。10月は日照時間は平年並みで発電量もシュミュレーション並みでした。6〜8月は日照時間が多かったので発電量が多いのは当たり前ですが、9〜10月の結果は心強いです。これらの結果からすると、おそらくシュミュレーションを上回る発電量が得られるのではないかと考えています。

売電の実績は、8月14日~09月16日の期間では、519kWで13,494円でした。売電が始まったのが8月14日なので随分と時間がかかりましたが、その日から10年間は26円/kWで買取してもらえます。それまでも日中の電力は太陽光で賄うことができたので、真夏にエアコン付けっ放しでも電気代は月5,000円程度で済みました。今年は猛暑だったので太陽光発電が無かったら1万円くらいかかってたかも。今年は暑過ぎて不在時にもエアコン付けっ放しにしてないと、部屋が冷えるのに時間がかかりました。意外に良かったのは、エアコン付けっ放しであっても、石油を燃やした電力を使用するわけではないので、地球温暖化への罪悪感が無いと言うことです。

もはや旅行ブログのようになっていますが、鹿児島、宮崎、熊本、長崎を巡る九州旅行に行ってきました。5日間で400キロちょとしか走りませんでした。こちらに住んでた頃は他県に移動するのが大変なイメージがあったのですが、運転に慣れたのか、Googleマップがすごいのか、九州が狭く感じるこの頃です。

鹿児島空港近くの妙見温泉のおりはし旅館というところに泊まりました。築100年の建物とのことです。3方を窓と廊下に囲まれており、とても気持ちの良い部屋です。このガラスは大正時代のものだそうで、斜めから見ると景色が歪んで見えます。ノスタルジック!この部屋はこれまで泊まった温泉宿の中で最高かもしれません。この緑がいっぱいの感じとすだれはフィンランドのアアルト自邸っぽい。アアルトは日本建築の影響を受けたらしいのですが、こういう建物からインスピレーションを得たのかもしれません。



ランチは同じく妙見温泉の石原荘という高級旅館で食べました。泊まると高いけど、ランチは温泉付きで1人6000円と手ごろです。量は少ないけど、美味しいです。特に左上のしんじょ?が秀逸で、フレンチや中華では絶対に味わえない、だしの効いた優しい味の料理でした。このくらいの宿になると料理のレベルも違うようです。お酒は芋焼酎の魔王にしましたが、白ワインのような果実感を感じる芋焼酎で、3M(森伊蔵、村尾、魔王)と呼ばれる鹿児島の3大芋焼酎の中ではこれが1番気に入りました。3Mは最近全部飲んだのですが、どれも他の芋焼酎と比べて飲みやすく、ストレートでもいけそうな感じです。ワインに比べれば価格も手頃だし、もっと早く飲めば良かったと思います。

露天風呂は川沿いにあって、これも最高だけど男湯のみ。多分、道路から見えるのが問題となっているのだと思います。


これは宮崎のen hautというケーキ屋のジャポネという抹茶ケーキですが、とても美味しかったので2日連続で食べました。甘さ控えめで中にはあんこが入ってます。このケーキ屋のオーナーは世界的に有名だそうです。妻がこの店を気に入っており、ここ数年毎年来てます。

シャトーレオニャンは、雑誌「ワイン王国」3月号(ボルドー特集号)で紹介されていて、宿泊料は190€と手頃であり、有名シャトーでは無いものの、ワインは良く参考にするワインエンスージアスト(ワインを検索すると、評価が出てきます)で高評価だったこともあって宿泊してみることにしました。立地は、その名の通りぺサック・レオニャンで、シャトーオーブリオンと同じエリアになります。2007年に別事業で成功した現在のオーナーが廃墟だったシャトーを買い取り、リノベーションを行ったようです。6haの畑でブドウを栽培しワインを醸造する傍ら、宿泊施設やレストランも営業しています。畑は元々、ドメーヌ・ド・シュバリエという有名シャトーのもので、品質の良いブドウが収穫出来るとのことです。

試飲は、2017年の白、2014年のセカンド、2013年1stの3つだったと思います。白は辛口でまあまあ美味しくて安かったので良かったのですが、2013年赤には正直がっかりしました。ミディアムボディで飲みやすいけど、薄いというか、ボルドーらしさが感じられません。しかしその後、レストランで2011年と2012年を飲んだところ、2011年は芳醇で丁度飲み頃の美味しいワイン、2012年はパワフルでまだ強く渋味を感じますが、まさにボルドーの赤ワインと言った感じでした。このように、試飲で2013年、レストランで2011年、2012年と3つのヴィンテージを飲み比べることが出来ました(酔っ払って飲めなかったけど2014もあります)。生産年で全然違うことが分かります。試飲で同じ銘柄の別のヴィンテージを飲み比べる機会は意外と少ないです(レオヴィル・ポアフェレでは2010-2012の3種類を飲み比べるというコースもありました。40€)。
2013年はかなり悪い年で、他のシャトーでも安く売られていたりします。大きなシャトーだとダメな年でも良いブドウを選別してそこそこのワインが作れるようですが、シャトーレオニャンは6haしか面積が無いし、悪い年への対応が難しかったのかもしれません。

レストランです。子供がいるとテラス席の方が有難い。レストランは宿泊者以外にも、おばさまの集まりとか、たくさんお客さんが入ってました。フルコースでは無いし、星付きレストランのような料理の美しさは無いけど、価格はそれほど高くないです。100€くらいだったかな。地域のワインも取り揃えており、オーブリオン(1996/2008赤624€)やドメーヌドシュバリエ(2000年赤240€)も置いてあります。


 このシャトーでは、最初に犬が出迎えてくれますが、こいつが曲者で子供を追いかけ回します。他にも家族連れが来ていましたが、やはり子供にじゃれついて泣かせていました。子供が好き過ぎるそうです。写真左側に写っている城にはオーナー家族が住んでます。ゲストは傍にある建物に宿泊しますが、玄関、主寝室、子供部屋、キッチン、ダイニング、シャワールームとトイレが2つずつあって普通に住めるくらい広いです。さらに、コーヒー、紅茶、バスローブがあるのが有難い。また、敷地内にはプールや教会もあります。8月下旬でしたが、ボルドーはすでに秋で泳げる気温ではありませんでした。

教会は結婚式も出来るみたい。教会の一部の床に使われているタイルの柄がこのシャトーのワインラベルになっています。
また、宿泊するとワインを5%引きで買うことができます。値段も高くなく、ファーストラベルの赤で30€くらいです。日本にも販促に行くとか行きたいとか言ってました。

敷地は広く、宿泊施設は快適、繁盛しているレストランがあり、ワインは美味しいし、手頃な価格で購入出来るというワインツーリズムの完成度が非常に高いシャトーだと思いました。山梨にもこういうホテルがあればいいのに。

 

ボルドーのワイナリーがシャトーと呼ばれているのは、各ワイナリーに城が建っているからです。おそらく昔は相当儲かっていたのでしょう。やや廃れていた時期もあったようですが、21世紀になってからは価格もかなり上昇してきています。

各シャトーのワインラベルにはシャトー自体の絵柄を使っている例が多く、ラベルで見た風景を実際に観るというのがボルドー観光の一つの醍醐味になります。どうせ見るならやはりメドック1級シャトーが良いと思って、飲んだことはないけど見て回りました。メドック1級のシャトーとは、ラフィット・ロートシルト、マルゴー、ラトゥール、オー・ブリオン、ムートン・ロートシルトの5つで、1本7〜20万円くらいします。このうちオーブリオンは一般人の見学を受け入れており、ホームページから予約しておくと見学と試飲ができます。ちなみにオーブリオンはボルドー市街近郊のぺサック・レオニャンにあり、ほかの格付けシャトーのあるメドック地区からは車で1時間くらい離れています。ブドウ品種もカベルネソーヴィニヨン(メドックで主流)とメルロー(サンテミリオンで主流)の割合が同じくらいであり、サンテミリオンとメドックの間くらいのシャトーです。
 
試飲できるのはセカンドラベルですが、これも2万円くらいします。2011は今が飲み頃とのことで、酸味や渋みが少なくスムースで飲みやすいけど、なにか物足りないといった感じです。ボルドーのワインは焼酎に例えると芋焼酎みたいなもので、濃厚なものに慣れるとスムースなワインを物足りなく感じてしまうという問題が生じます(芋に慣れると麦が物足りなくなるみたいな感じ)。ボーヌのワイン屋が言うにはボルドーより(スムースな)ブルゴーニュの方がよりエレガントで複雑さがあるとのことでしたが。まあ、やはりファーストラベルが飲みたいということです。

 ラベルに描いてある建築物がこちらです。中庭から見ているのでラベルの絵とは反対になっています。この建物は500年くらい前のもので、今でもオーナー?が住んでいるとのことです。このシャトーの見学と試飲は無料の上に、日本語で書かれた85ページもある冊子がもらえました。この冊子には2009年までですが、年代ごとの気候とワインの出来や飲み頃が記載されており読み応えがあります。いずれにしても、ボルドーに来たならばオーブリオンは必見のシャトーと言えるでしょう。


 こちらはラフィット・ロートシルトで、ラベルと同じ風景です。畑を見ることは出来ますが、中に入ることは出来ないようです。外から望遠レンズで撮影しました。

 
シャトー・マルゴーです。正面がラベルの建物です。ここは駐車場まで中に入れましたが、道端に車を停めていたら従業員に軽く注意されたのでもしかしたら入ったらダメなのかもしれません。とても有名なシャトーだし、樹々も綺麗なのでここで記念撮影したかったけど子供が寝ていて無理でした。


 3級シャトーだけどラグランジュにも行きました。ここもラベルに建物を使っています。61あるメドック格付けシャトーは、ずっと家族経営でやっているところもあるけど、大体は大きな資本が入ってます。ラグランジュはサントリーが買収しました。日本人もいるので日本語で案内してくれるかもしれないと思って見学を予約しましたが、言語は全て英語です。結局予定が合わなくて見学は諦めましたが、直売をやっているので訪問しました。わりとお手頃価格のシャトーで、セカンドや白は安いのでお土産には最適かと思います。サントリーの資本で大改革しているので、評価は高いし、実際に美味しいです。

写真の車はレンタカーのVWゴルフです。前の車を自動追尾出来るし、バックカメラやセンサーが付いていてぶつける心配が少ないし、携帯をUSBで繋げてマップをナビ画面に映せるし、大きなスーツケースを2つ積むことも出来ます。ここ10年程でレンタカーでの海外の旅は格段に快適になりました。12年くらい前にアメリカで運転した時はクソみたいなナビしか無くて道が分からなくて困ったものです。

ワイナリーに泊まりたいと思って、最初はラトゥール・カルネというMédoc第4級のシャトーホテルを予約していたのですが、ここはワインはお手頃価格(格付けシャトーとしては)だけど、宿泊料は結構高くて、子供が熱を出して行けるか行けないかというとき、キャンセル料がかかる前にキャンセルしてしまいました。それで急遽宿を取ったのがChâteau Cordeillan-Bagesです。


ここもワインを作っているので見学と試飲を頼んだら、何故か近隣にあるレオヴィル・ポアフェレを予約してくれました。Médoc第2級のわりと有名なシャトーです。ここではややふっくらしたおばちゃんがマシンガントークでひと通りシャトーの歴史やこだわりを説明してくれましたが、他にもお客さんがいたこともあり早すぎてあまり理解出来ませんでした。そしてわりと子供に厳しく、騒ぐとステンレスタンクにぶち込んで外からガンガン叩くわよ!みたいなことを言ってました。笑

試飲はいくつかのコースから選べますが、2017年のバレルサンプルと2012年、2005年を飲み比べるというコースにしました。30€かかりますが、これはとても良いです。日本にいるとバレルサンプルを飲む機会はまず無いし、熟成したものと比べられるというのも良い。チョコレート付きです。ワインとチョコは相性良いみたい。以前、田崎真也のワインとチョコレートのマリアージュというイベントに行ったことがあります。そこで甘いものに苦いものを合わせれば良いってもんじゃ無いと言ってましたが、ここでもまだ若い2017年にはにがみ、酸味、渋みが強いフォラステロ種、2012年によりマイルドなトリニタリオ種、熟成した2005年には花やバナナのような独特の風味を持つアリバ種を合わせています。同じ方向性のものを合わせるということみたい。
ちなみに2012年はコストコで1万円弱で売ってました。
酔いたく無い場合は右後ろの黒い鉢みたいなところに吐き出します。


直売もやっていて、わりと年代別に揃っていますが、特に安くは無いです。セカンドラベルなどは結構お手頃価格です。


宿泊したシャトーコルデイヤンバージュの方はオーベルジュ的ホテルなようで、ディナーは併設のレストランで食べました。日本料理っぽいメニューもありました。右下の料理はマグロです。全体的に少ししょっぱかったような。ワインは妻がソムリエに相談したところ見学に行ったレオヴィル・ポアフェレで作っているムーラン・リッシュが出てきました。提携なのかな。私はカントナックブラウンの白にしました。ボルドーの白も辛口で美味しいです。Médoc格付けシャトーでも白なら安いし、お土産に良いかもしれません。

フランス料理と日本の懐石料理、茶道は通じるものがあります。 茶道に出てくるお菓子とフランス料理の最初の付け合わせなんかは特に良く似ています。そして、無駄に時間がかかります。子供は完全に寝てました。チーズとデザートは部屋で食べることにしたのですが、酔いが回ってすぐ寝てしまいました。

コルデイヤンバージュはワイナリーというより完全にホテルでした。レストランは2つ星で結構賑わってました。宿泊料が280€、夕食が300€、湯布院の玉の湯と同じくらいの価格帯です。高かった。

↑このページのトップヘ