以前太陽光パネルを設置した記事を書きました。5ヶ月間で概ね傾向が見れたので、今回はその結果を報告します。

シュミュレーションでは、
6月466kw、7月508kw、8月566kw、9月440kw、10月465kw
実測値は、
6月544kw、7月656kw、8月638kw、9月408kw、10月482kw
対シュミュレーション値で
6月117%、7月129%、8月113%、9月93%、10月104%

これだけ見るとすごい良いみたいですが、日照時間を見て検討しなければなりません。シュミュレーションではMONSOLA-11というデータベースを使用しているようですが、ipadで見られなかったのでアメダスの日照時間を使います。

日照時間は、
平年値(1987〜2010)
6月120時間、7月149時間、8月179時間、9月129時間、10月131時間
今年(2018年)
6月161時間、7月225時間、8月218時間、9月94時間、10月137時間
対平年値で
6月134%、7月151%、8月122%、9月73%、10月105%

概ね天気が良かったので、シュミュレーション よりもたくさん発電しました。7月のように日照時間が151%になっても発電量は129%とそのまま増えるわけではないみたい。逆に9月のように日照時間が73%しか無くても発電量は93%ありました。10月は日照時間は平年並みで発電量もシュミュレーション並みでした。6〜8月は日照時間が多かったので発電量が多いのは当たり前ですが、9〜10月の結果は心強いです。これらの結果からすると、おそらくシュミュレーションを上回る発電量が得られるのではないかと考えています。

売電の実績は、8月14日~09月16日の期間では、519kWで13,494円でした。売電が始まったのが8月14日なので随分と時間がかかりましたが、その日から10年間は26円/kWで買取してもらえます。それまでも日中の電力は太陽光で賄うことができたので、真夏にエアコン付けっ放しでも電気代は月5,000円程度で済みました。今年は猛暑だったので太陽光発電が無かったら1万円くらいかかってたかも。今年は暑過ぎて不在時にもエアコン付けっ放しにしてないと、部屋が冷えるのに時間がかかりました。意外に良かったのは、エアコン付けっ放しであっても、石油を燃やした電力を使用するわけではないので、地球温暖化への罪悪感が無いと言うことです。